読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫で儚い記憶

あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になるほどに。 その大きな岩の表面に コケが生えるほどまでに。

【WEB】 性的欲求満たされないオスは飲酒に走る

 

女子を見る目がある方だと思うんだけど、田中みな実とかさとう珠緒が好きというと、ブリッ子にだまされる童貞みたいなことを言われたりするのが納得いかない! そんなことを思いながらWEBで見つけた言葉達

 

 

iwasen.hatenablog.com

 

 

3年前、オランダの学校に見学に行ったときのこと。その学校に宿題がないと聞いて驚きました。その理由を尋ねるとおおよそこんなことでした。

 

「学校で毎日学習している。決められた時間の中で終える、ということが大切。家での時間は各家庭で豊かに過ごしてほしい。だから家に持ち帰らない。大人の仕事も同じで決められた時間の中で終えるのが有能で、残業や仕事の持ち帰りはしない方がいい。余暇は自分の時間。宿題を毎日持ち帰るというのは、仕事の残りを持ち帰るようなもの。子ども時代から、余暇を豊かに過ごす体験をしてほしい」

 

がーんと頭を殴られた気がしました。

「人生をどう生きていくか」なんだ。

もちろん、働き方は多様で、その人の「こんな風に人生を生きていきたい」

が保障されるといいなあと思います。少なくとも選択できる自由があるといいなあと。

 

 

a.linkof.info

 

今見てもらったように、「大変じゃない?」と「意外と大変じゃない?」を使い分けることによって、ありとあらゆる局面から女の愚痴を引き出すことができるのだ。

 

 

srdk.rakuten.jp

 

 

三十代も終わりになって、日々の生活はずいぶんと平和でのっぺりしたものになっていた。十代の時に胸を痛めた孤独感、二十代の時に頭を抱えた焦燥感、そんな気持ちも今はすっかり無くなってしまい、淡々と過ぎて行く毎日の中で自意識はかつて考えられなかった安定走行を見せている。二十代後半では直視する事が出来なかった、輝かしく見える他人の人生や、自らのこの先の伸びしろのなさも、人生とはこういうものなのだと、どこかおだやかな気持ちで眺めてもいる。可能性を船に例えるなら、僕は港で手を振り見送る側になっていた。そして旅立つ人にとって始まりのこの場所が、年を取りようやく帰って来た行き止まりのように思えた。 

 

 

www.cnn.co.jp

 

 

(CNN)  オスのハエは性的欲求不満が募るほど、アルコールに慰めを求めることが多くなる――。米カリフォルニア大学の研究チームがそんな研究結果を米科学誌サイエンスに発表した。

 

研究は中毒症状と関係している脳の報酬系と呼ばれる仕組みを解明する目的で行われた。ハエは交尾によってNPFと呼ばれる脳の神経伝達物質の値が高まり、交尾できないとこの値が低くなることが分かっている。実験ではNPFの値を調整して、アルコールに浸した餌の消費量との関係を調べた。

 

その結果、NPFの値が高い性的欲求が満たされた状態のハエはアルコール入りの餌を食べる量が少なかったのに対し、NPFの値が低い満たされない状態のハエは、交尾に似た認知反応による刺激を得るために、アルコール入りの餌を求めることが分かった。
この場合、餌の質にはこだわらず、依存状態になったハエは味が落ちてもアルコール入りの餌を求めたという。

 

さらに、オスとメスを交尾させる実験では、メスに誘いを拒否されたオスが自信を喪失する傾向があることも判明。「拒否された経験のあるオスは、脳内に記憶が形成され、次にメスに会った時の求愛行動が消極的になる」と研究者は報告している。

 

 

retrip.jp

 

「ジャパニーズ・ザッカ」という言葉を耳にしたことはありますか?日本人が海外輸入のザッカに注目するように、外国人観光客は日本のザッカにも興味津々だったのです。なんとハンズの開店待ちをする人もいるのだとか。 

 

 

 

www.visionseichou.com

 

1 明らかになった強みに集中する
2 その強みをさらに伸ばす
3 知的な傲慢を正す
4 自分の悪癖を改める
5 人への接し方を改善する
6 行ってはならないことは行わない
7 能力が並以下の分野に時間を使わない

 

 

 

a.linkof.info

 

本音を言うことで離れてゆく人もいるかもしれない。しかしそれでいい。
 もともと合わない人が早くわかっただけにすぎないからだ。 

 

 

 

 

 

 

2chcopipe.com

 

行動できないダメダメ人間9タイプ

 

1. 「言い訳系」
「時間がないから今はできない」「お金がないからできない」「自信がないからできない」「やったことがないからできない」「準備が整っていないからできない」「能力がないからできない」「意志が弱いからできない」

 

2. 「心配系」
「失敗したらどうしよう」「続かなかったらどうしよう」「これが原因で失業してしまったらどうしよう」「家族に迷惑をかけてしまうかもしれない」「もし何の成果も出せなかったらどうしよう」
など、うまくいかないイメージが先行して足が止まってしまう

 

3. 「あきらめ系」
「この歳で今さら始めるなんて…」「昔とは体力が違うんだから…」「あと10年早かったらよかったのに…」

 

4. 「学び足りない系」
「実践するにはまだ学び足りない」「アレは学んだけど、まだコレは学んでいない」「もっと技術を身につけてからのほうがいい」
「実戦」には挑まず、ずっと学び続けるタイプです。

 

5. 「アレもコレも系」
「やりたいことがたくさんある」「英語も勉強したいし、プログラミングも勉強したいー」

 

6. 「すぐやめちゃう系」
「自分にはこれは向いていないんだ。他にもっと楽にうまくできることがあるはず」「もっと楽にうまくいくことはないか?」
初動は早いけれど、あきらめるのも早い。

 

7. 「本気出せばできる系」
「俺はまだ本気出してないだけ。」「本気を出せばできる。でも本気でやらないからできていないだけ」「新年は本気出す!」

 

8. 「依存系」
「Aさんに言われたから始めてみたんだけど、Bさんに聞いたらそんなの必要ないと言われたから…」「◯◯で有名なOさんがMBAはもうデフレって言ってたから…」

「やらなくていい」と言ってくれそうな別の人のところに相談にいって、やめてしまいます。

 

9. 「人の目が気になる系」
「こんなことをしたら、バカにされないだろうか」「◯◯さんから、やっぱりダメな奴だと思われたくない」
失敗して人前で恥をかきたくない、他人からどう思われるかが気になって行動がおこせずにいるタイプです。

 

「原因などどうでもいい」「今より前進するにはどうすればいいのかだけを考えよう」