読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫で儚い記憶

あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になるほどに。 その大きな岩の表面に コケが生えるほどまでに。

【食事】 ウェスタン牧場@水戸 美明豚のイタリアンハンバーグ

 

娘が大学に推薦で合格しました。自分のことにように嬉しいです。ただ、前期、後期、私立、専門学校の受験費用、約10万円が無駄になってしまったので、複雑な心境です。でも、私立に合格して入学金を払った後に、国立合格がわかるよりは良いのかもしれません。

キャンセルしたら、受験料とか入学金を返金してくれれば、親はもっと楽なんですけどね。どこかで入学金返済の裁判を起こして負けたので、ますます正当化されますね。

 

学納金返還訴訟 - Wikipedia

 

学納金返還訴訟(がくのうきんへんかんそしょう)とは、学校(主として大学)に合格後、いったん支払った学納金(入学金、授業料など)を、その学校を入学辞退した後に返還請求する訴訟のことである。


多くの場合、合格者が入学辞退する理由が他大学合格であり、入学辞退の届出は4月1日より前に提出されている。しかし、学則などで「いったん納入された学納金は、いかなる理由であろうと返還しない」という趣旨のことが定められていたため、学納金の返還を求めて訴訟が起されたものである。


このような訴訟は以前からあったが、消費者契約法の施行前は、学納金の返還を一切認めない判決が支配的であり、ごく一部の判決で入学金以外の部分(授業料、施設費等)についての返還を認める判決があるに過ぎなかった。


消費者契約法の施行後、2006年11月27日、最高裁による判決が出された。最高裁判決を端的にいえば、入学金は返還不要、授業料等は原則3月31日までに辞退を申し入れれば全額返還すべきということである。

 

この他にも私立の場合、寄付金なんてものもあったりするからよけいにお金がかかります。ため息しか出ません。

下手な私立に行くのだったら、専門学校へ行って知識と資格を得たほうが将来のためになると思います。それでもやっぱり大学!と思う人が多いのでしょうか。

専門学校は授業料さえもらってしまえば、後は知らん。という学校が多いので本人のやる気をちゃんと見ておかないと無駄金になってしまう可能性があります。難しいところですが。

 

で、会社を休んで入学手続きをしてきました。入学金と授業料の振込です。1.5ヶ月分の給料です。

 

f:id:gouju:20170212220743j:plain

 

昔は、給料日に現金支給だったのでこうやってもらってたんですよね。そう考えれば給料日に一杯やって、どっかに無くしてしまうなんて悲劇があってもおかしくありません。落語の「芝浜」の逆バージョンです。

 

www.youtube.com

年末になると「芝浜」を聴きたくなりますね。

 

無事、入学金と授業料を振り込んで書類を出して、自動車学校へ行って入学手続きをして、今日だけで100万円ぐらい無くなりました。まぁしょうがないです。

 

普段、大金を持ち歩かないので、緊張したのでウェスタン牧場でランチを食べました。相変わらずの「美明豚のイタリアンハンバーグ」です。

 

相変わらず、サラダがパリパリで美味しいです。

f:id:gouju:20170212221351j:plain

 

f:id:gouju:20170212221359j:plain

 

f:id:gouju:20170212221429j:plain

 

後は、4月から一人暮らしを始めるのでその準備ですね。あー毎月の仕送りっていくらぐらいなんだろう?まだまだ子育ては続く。

 

 

utakata.hatenablog.jp

utakata.hatenablog.jp

 

 

いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

 
子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

  • 作者: ドロシー・ローノルト,レイチャルハリス,Dorothy Law Nolte,Rachel Harris,石井千春
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫
  • 購入: 38人 クリック: 291回
  • この商品を含むブログ (82件) を見る
 
一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる