読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫で儚い記憶

あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になるほどに。 その大きな岩の表面に コケが生えるほどまでに。

【蹴球】 J1第1節 鹿島アントラーズ 対 FC東京

 

今季のJ1リーグが始まりました。南こうせつさんの君が代斉唱で始まったこの試合、鹿島の自滅でした。この前の試合のACLのときからセカンドボールが拾えなく、苦しくなる展開がこの試合でも見られました。

 

www.nikkansports.com

 

石井監督は、新加入のペドロ・ジュニオールとレオ・シルバが鹿島のやり方にフィットしていると言ってますが、今まで見た試合はフットしているとは感じられず、それぞれの個人能力だけで、サッカーをしている感じでした。

 

その結果、いつの間にか陥ってしまったのが

 

レオ・シルバ 依存症

 

確かにレオ・シルバは素晴らしい選手ですが、中盤でボールホルダーに行ってしまいかわされたりボールロストをしてしまう場面が見られました。他の選手達も、とりあえずレオ・シルバに預ければなんとかなるみたいなパスが多く、今日の試合のようにレオ・シルバが不調だと、攻撃も守備もうまく繋がらなくなってしまいます。

永木でさえ、鹿島のやり方を覚えるのに半年はかかったのですから、今日の試合も小笠原、永木で初めて途中でレオ・シルバを入れたほうが効果的だった気がします。

1点を追いかける後半、中盤でボールを持っても他の選手が動き出さず、ボールを出すところを探しているようでは、効果的な攻撃はできません。

 

攻撃では、ペドロ・ジュニオールと周りの連携がうまくいっていません。バイタルエリアでパスが繋がらずシュートまで持ち込めません。前半、鹿島のシュートが0本だったのでかなり重症です。

守備も、クォンスンテと植田の連携が悪く、ひやりとする場面が多かったです。

 

いくら試合感覚が短いとは言え、今日の試合は最悪でした。東京がうまかったかというと、全然そんなことはなく、しょっぱい試合でとても寒かったです。

とりあえず、甲府戦ではペドロ・ジュニオールとレオ・シルバを外して、三竿や赤崎にチャンスをあげて欲しいです。

 

 

f:id:gouju:20170226204346j:plain

 

f:id:gouju:20170226204359j:plain

 

f:id:gouju:20170226204413j:plain

 

 

utakata.hatenablog.jp