読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫で儚い記憶

あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になるほどに。 その大きな岩の表面に コケが生えるほどまでに。

【蹴球】 AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ 対 蔚山現代FC

 

いよいよAFCチャンピオンズリーグが始まりました。2年前の初戦は苦い思い出があるので、ホームとは言え安心できません。

スタメンはこのメンバー

 

f:id:gouju:20170221232215j:plain

 

ゼロックススーパーカップから6人を入れ替えていますが、実力的には遜色ないレギュラーメンバー。こうやって見ると、本当に2チームできそうです。残念だったのはサブにボランチの三竿がいなかったこと。

レオ・シルバを休ませるためにも、三竿を出して欲しかったです。

 

試合の前半は、蔚山現代が押し込みます。というより、鹿島は中盤でボールが落ち着きません。前線へのパスがカットされたり、ボールを奪われるシーンが目につきました。せっかく攻撃しても、意思の疎通が合わず簡単にボールロストしていました。

蔚山現代の出足が早かったので、前半を凌げば後半はチャンスが有ると思っていました。

 

f:id:gouju:20170221232609j:plain

 

前半を無失点で抑えた立役者はGKのクォンスンテですね。まだまだDFと意思の疎通が怪しいところがありますが、枠内シュートをことごとくブロックしていました。

 

f:id:gouju:20170221232731j:plain

 

前半途中から、鹿島がボールを回すことが出来るようになり、攻撃を仕掛けますが、いまいち噛み合わないのと、積極性にかけていました。やはり運動量がすくなく、ボランチの永木やレオ・シルバがボールの出しどころに困っている気がしました。

 

そんな中、セットプレーから金崎のヘッドで先制!

 

f:id:gouju:20170221232943j:plain

 

f:id:gouju:20170221232958j:plain

 

やはりここぞという時に決めますね。

f:id:gouju:20170221233027j:plain

 

2点目は売り出し中の鈴木優磨

 

ゴールを決めた後、サポーターズシートにドヤ顔をしていました。

 

 

f:id:gouju:20170221233509j:plain

 

f:id:gouju:20170221233526j:plain

 

f:id:gouju:20170221233535j:plain

 

鈴木優磨は鹿島アントラーズユースからの生え抜きなので、喜びもひとしおです。鹿島アントラーズは若手を育てて試合に出る選手が多いので愛着もありあります。

 

そういえばこんな記事があって、違和感を覚えました。

 

number.bunshun.jp

 

 

今シーズンの補強について問われたペトロビッチ監督は「J2の千葉、岡山、あるいはJ2に落ちた福岡、湘南のレギュラーを獲得したこと、それが全てのタイトル獲得を目標に戦っているチームにとって、昨シーズンに74ポイントを取ったチームにとって『補強』なのか」と語ったものの、その後に続けられた「新加入選手たちは、ユースから上がってきた関根(貴大)、仙台から来た武藤(雄樹)、清水から来た高木(俊幸)、京都から来た駒井(善成)のように時間をかけて必ず成長すると思うし、そういう選手たちが戦力を底上げし、競争に絡んでいってくれると思います」という言葉を聞けば、補強に不満があるというわけではないだろう。

 むしろ、そこにはチーム作りの矜持と自負が感じられた。私は若い選手を育ててチームを強くするのが好きなのだ、と。そうやって抜擢され、チームとともに成長していったのが、指揮官が例に出した関根や武藤、高木、駒井であり、サンフレッチェ広島時代の柏木、槙野だった。

 

まるで、鹿島が即戦力を補強したのに対し、浦和は若手の有望株で育てているような書き方です。そもそも浦和は0金移籍選手を移籍させ、広島から大量に選手が入ってきています。サンフレッズと揶揄されるほどです。

 

今年の浦和が、若手を取ったのは広島から移籍してきた、西川、森脇、槙野、柏木などが年を取ってきたからであって、浦和の生え抜きがいるわけではありません。今まで、スカウトが取ってきた自前の選手を育ててきたのは鹿島で、浦和は育てるというより他のチームの主力を引き抜いてきたのです。

 

それを今更、「私は若い選手を育ててチームを強くするのが好きなのだ」とよく言えるものだと思います。

 

閑話休題

 

この試合は、選手を入れ替えても勝てたことと、無失点に抑えることが出来たことが収穫です。中村、レアンドロはもうちょっと連携を磨いてほしいですね。

 

f:id:gouju:20170221234722j:plain

 

 

utakata.hatenablog.jp

utakata.hatenablog.jp

utakata.hatenablog.jp

utakata.hatenablog.jp